HIROMI YOSHIDA

今を生きる女性たちのためのファッションサイト

デザイナープロフィール

Designer’s Profile

吉田ヒロミ近影

1941
東京六本木に生まれる。
1960
高校卒業後、セツ・モードセミナーにてファッションイラストを学ぶと同時に、母親の経営する「オートクチュールSetsu」にて服づくりの技術修行をする。
1964
セツ・モードセミナー卒業。
1965
フランスへ渡る。日本人として初めてジバンシィ社に入社。
デザイン及び技術が認められ、ジバンシィ社より7年間有効の労働許可証を取得。アトリエチーフのアシスタントであるセコンドになり、オードリー・ヘップバーンをはじめVIP顧客の担当になる。
1968
アメリカ/ハーパース・バザー社のスチリストに推薦され渡米。ニューヨークで1年間コーディネート力を養う。
1969
仏パリのジバンシィ社には戻らず帰国。
母親が経営する「ブティックSetsu」のオートクチュールデザイナーとしてクリエイション活動をはじめる。
1971
第1回 吉田ヒロミオートクチュール春夏コレクション発表。
1972
ブランド[イグレグ]発表。
1978
T.D.6のメンバーとなり、第14回 ’78〜’79年秋冬コレクション発表。
1980
株式会社吉田ヒロミデザインインターナショナル設立。
ブランド[CLOVE vs CLOVES/クローブ クローブス]発表。
1985
東京ファッションデザイナー協議会(C.F.D.)の設立にかかわり、メンバーとなる。
1992
名古屋国際絞りフェスティバルに参加。絞りコレクションを発表。
プレタクチュール’92秋冬HIROMI YOSHIDAコレクション発表。
財団法人日本ユニフォームセンター理事に就任。
1997
昭和女子大学にて、この年から生活美学科(現 生活環境学科造形デザインコース)の講師を務める。
1999
この年から4年間、昭和女子大学の客員教授を務める。
財団法人日本ユニフォームセンター主催の”ユニバーサルウェアショー”にこの年から毎年参加。
2006
セキュリティーコンセプト「ユニフォーム&ユニバーサルウェア」の企画、開発に参加。
2007
「2008 HIROMI YOSHIDA春夏コレクション」を発表。
2008
「2008 HIROMI YOSHIDA春夏コレクション」を開催。
2009
港区南麻布に「House of HIROMI YOSHIDA」をオープンする。